宰相閣下と魔術師さんと星の雪降る朝

宰相閣下と結婚することになった魔術師さん
この記事は約3分で読めます。

 寒さが酷い早朝のことだ。キュンキュンと遠くから甘えるような声が聞こえてくる。

 やがて耳元の布団がもぞりもぞりとゆっくり動き、低く伝う声が空気を揺らしたような気がした。

 隣で暖めていたはずの体温がするりと抜け出ると、俺はつい布団を握り締めて側に寄せた。近くでなんだか話していた気がするが、認識したのはただの声の響きだけだ。

 また一瞬、眠りに落ちた気がする。

 起床に一気に引き戻されたのは、足元に触れた冷たさ故だった。

「────つめた!」

 自分の声に驚いてぱちりと目を覚まし、申し訳なさそうにしている伴侶を見上げる。布団に入るのを躊躇おうとする様子に、裾を掴んで引き込んだ。

 振り返って窓の外を見ると、ちらほらと雪が舞っている。

「ゆき……降ってんの」

「ああ。ニコが遊びたいとねだるから、門に鍵をして玄関を開け放ってきた。飽きたら戻ってくるだろう」

 外からはざかざかと雪を掻く音がする。

 ガウナーを掴んで身を起こし、窓から庭を見下ろす。白い雪で満ちた庭の中を、黒い塊が猛然と突き進んでいくのが見えた。

 しっぽはぶんぶんと振られており、大海に放たれた魚のようでもある。

「外、寒かったろ?」

「人の身には堪えるな」

 寒さに構わず雪を掘り返していく神の姿を目にすれば、彼の言い分も分かるものである。一緒に外で遊ぶ元気も出ず、もぞもぞと寝台に戻る。

 冷たさが緩和したガウナーの肌を擦り、体温を分けてもらった。

「まだ寝られる?」

「もう少しで、完全に日が見える頃かな」

 そか、と返事をして、温かい胸元に潜り込んだ。起きてしまったらしい伴侶は、そっと背を撫でては窓を眺めているようである。

 彼の呼吸音と、雪が降り積もる音、庭を駆け回って雪を踏みしめる音が混ざった朝は、微睡むには優しい空間だった。

 眠りに落ちたくなくて、頬を擦りつけながら喉を鳴らす。

「冬は、君が近くていい」

 冬場は、体温を分け与えてもらいに近寄りがちだ。ガウナーは嬉しそうにしているのでいいのだが、そろそろ鬱陶しくはならないのだろうか。

 懐が広いよなあ、と感心しながら回される腕の心地よさを楽しむ。

「俺も。あったかいとこが好き」

 くすくすと笑い声が響き、ゆったりとした時間が流れる。

 雪かきはどうしようだとか、魔構の屋根が心配だとか、起床時間までを眠りもせずに話しながら埋めていく。

 どたどたと階段を駆け上がってくる音がしたのは、しばらくの穏やかな時間が過ぎた後だった。

 扉を開け放ち、冷気を纏った身体が部屋に入ってくる。

 毛皮には雪が絡まり、明らかに寒そうに見えるのに息は上がっていた。口は開き、熱を逃がすように舌が伸びている。

「おや。困ったな」

 ガウナーは布団から身を起こし、拭くものを取りに行こうと立ち上がる。その服の裾を、ニコの顎が噛んだ。

 そのまま部屋の外に向けて引き、身体を反転させて促してくる。星を宿した瞳の奥はぴかぴかと瞬き、遊びへ誘われているのは明らかだった。

「……言葉を話さずとも、伝わるものはあるのだな」

「俺そと行きたくないよぉ……」

 うわぁん、と泣き真似をしても、死なば諸共、と笑いながら腕を引いてくるガウナーの力には敵わない。自分だけ外に行かされるのは不公平だ、とばかりに準備を整えていく。

 最終的にはコートと襟巻き、手袋、と防寒着を一式着せ着けられ、両側から腕を引かれるように外に連れ出されていった。

「ぁああああ! ほんと寒いんだけど!!」

 連れ出された文句と共に放り投げた雪玉は、空中でニコの顎に捉えられて噛み砕かれる。

 そういう遊びじゃない、と腹を抱える伴侶は、少年に戻ったかのように屈託ない笑顔を浮かべていた。

タイトルとURLをコピーしました